大人にきび にきび跡 吹き出物 情報館 ~にきび情報.com~

大人にきび にきび跡 吹き出物 情報館 ~にきび情報.com~
大人にきび、吹き出物、にきび跡をなんとかしたいあなたへ! すっきりしっとり肌を手に入れてみませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

にきびと 普通肌の 関係 について

普通肌の方は、適度な皮脂の分泌量で、肌の水分量もバランスが良く、にきびなどの肌トラブルも少なく、最も理想的な肌質だと言われています。


普通肌の方は、にきび吹き出物によって悩まされることは少ないと思います。


でも油断は大敵です。現状を維持できるように、正しいスキンケアを行うことは必要です。


また、普通肌の方でもストレスや食生活、睡眠不足などが原因でニキビが出来てしまうことがあるので注意が必要です。
スポンサーサイト

にきびと 乾燥肌の 関係 について

にきびというと、脂性肌の方が出来やすいというイメージがありますが、実は乾燥肌の方もにきびが出来やすいのです。


乾燥肌の方は、肌に水分や脂分が不足しているので、肌を守ろうと皮脂の分泌が活発になります。この皮脂の分泌過剰が、にきびの原因になります。


また、肌が乾燥して角質層の新陳代謝がうまく行かないと、厚くなった角質や角質の代謝物が毛穴に詰まり、毛穴に住むアクネ菌が活発になり、大人にきびの原因にもなります。


乾燥肌の人は、お風呂上りや、洗顔後に、化粧水などでしっかりと保湿をしてやると、皮脂の分泌過剰が抑えられ、にきびの発症を防ぐことに繋がります。


また、乾燥肌の方は、にきびだけでなく、シミや小じわなどもできやすいので、正しいスキンケアが重要になってきます。

にきびと 肌タイプの関係

肌のタイプは、皮脂や汗の量、ホルモンのバランス、年齢、季節、食生活、さらには生活環境などにも影響されますが、<乾燥肌> <普通肌> <脂性肌> <混合肌>の4つのタイプに分けることができます。


自分の肌のタイプについてきちんと把握しておく事は、にきび予防、にきびケア、また、正しいスキンケアをするためには大切です。

にきびと メイク の 関係

ファンデーションなどの化粧品もにきびの原因の一つです。


にきびの主な原因は、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まることですが、メイクをしたまま寝てしまったり、ファンデーションなどを長時間塗ったままにしていて、毛穴をふさいで目詰まりを起こし、にきびの原因になっていることがあります。


にきびを作らない為にも、毎日洗顔を行って、汚れをしっかり落としましょう。


また、クレンジングだけで洗顔を完了してしまう方がいらっしゃいますが、これは決して肌に良いことではないので、クレンジング剤を毛穴に残さないためにも、クレンジング後に続けて洗顔料で洗顔を行うようにしましょう。


乳液やクリームなどでの油分の与えすぎも注意が必要です。


油分を多く含んだ化粧品を過度に塗ってしまうと、皮脂の分泌過剰と同じ状態になり、これもにきびの原因になってしまいます。

にきびと 活性酸素の関係 2

活性酸素で皮脂の酸化が進むと、にきびの周辺の健康な細胞まで刺激して炎症を起こし、新たなにきびの原因となります。


この活性酸素に対抗する為、人間の体の中には活性酸素の働きをを抑える抗酸化物質(SOD)という成分が、備わっているのですが、この抗酸化物質はともに減少していきます。


にきびを防ぐ為、またそのにきびを悪化させない為にも、活性酸素に対抗する役割をしてくれる栄養素を摂ることが必要になってきます。


肌の酸化を防ぐ抗酸化物質はビタミンC・E・A、βカロチン、イソフラボン、フラボノイドなど。


そのほかに、正しい食生活、適度な運動、十分な睡眠、紫外線を防ぐ・タバコやアルコールの排除なども、活性酸素の発生を防ぎます。

にきびと 活性酸素の関係 1

にきびの炎症を引き起こしたり、ニキビ悪化させの原因の一つに、毛穴の中で発生した活性酸素が関わっているということがわかっています。


活性酸素とは酸素の一種で、体内に侵入した細菌やウイルスなどから体を守るために、白血球がつくりだす物質です。


まず、皮膚や毛穴の中のニキビ桿菌が、皮脂を栄養にして増殖する際リパーゼという酵素を出して、皮脂を脂肪酸に変化させ、にきびの炎症を引き起こします。


そして、にきび桿菌の老廃物の中のポルフィリンという物質に紫外線が当たると、大量に活性酸素を発生させます。


また、ニキビ桿菌が増殖すると、その部分に白血球が集まって大量に活性酸素を出します。


この活性酸素で皮脂の酸化が進むと、にきびの周辺の健康な細胞まで刺激して炎症を起こし、新たなにきびの原因となります。


また、炎症がひどくなると、ニキビがさらに広がりニキビ跡も残りやすくなります。

にきびと 便秘の 関係

便秘は、にきびの原因の一つです。


便秘になると、便が長い時間腸内に溜まり、食物が腸内で異常発酵し、有毒物質を発生します。


この有毒物質が腸から再吸収され、体内に逆流すると、にきびの原因になったり、肩凝りや焦燥感、さらには、がんなどの重大な病気を引き起こす原因ともなりかねません。


また便秘になってしまうと、ビタミンやミネラルなどの栄養素を摂取しても吸収されにくく、さらにストレスを感じたりして、ますますニキビの悪化させることにもなります。


便秘になってしまう原因は、不規則な食生活、食物繊維が不足する、ストレス、運動不足、などいろいろとありますが、にきびを作らない、早く直すためにも、便秘は早く解消しましょう。


便秘に良い食品
ほうれん草、豆類、にんにく、ゴボウ、枝豆、キャベツ、キウイ、プルーン、いちご、りんご、バナナ、海藻、アロエ、ヨーグルト、蜂蜜

大人にきび、吹き出物 対策 洗顔フォーム 「グリフォーム1300」

グリフォーム1300
↓この商品の詳細・購入はこちら
グリフォーム1300
AHAピーリング成分の グリコール酸を高濃度13%配合した、 植物性石鹸ベースの洗顔フォーム
販売価格 3,465円(税込) 送料別
【内容量】100g
アイナソープ100アイナソープ400を購入されたお客様からの
『もっとグリコール酸濃度の高いものがほしい。』
『携帯に便利な洗顔フォームタイプが欲しい。』
という要望に答えて新発売されました。

AHAピーリング成分の グリコール酸を高濃度13%配合した、 植物性石鹸ベースの洗顔フォームです。

にきび跡の症状・種類

にきび跡の症状・種類は、大きく分けてこれらに分類されます。


1.赤み
にきび化膿した箇所の炎症がおさまったあと、赤みがひかないようなにきび跡


2.色素沈着
炎症がおさまったあと、色素沈着を起こして茶色っぽいシミになったにきび跡
皮膚の深いところにある層、「基底層」でつくられ、その上の層「有棘層」にいすわっているメラニンの仕業です。


3.あばた・クレーター
にきびが繰り返しできて膿んだ状態が長く続いたためにできる、皮膚に凹凸ができるにきび跡


4.しこり
にきびの化膿が皮膚深部に達すると、皮膚の異常再生が起こり、しこりになる状態のにきび跡


5.ケロイド
多数のにきびが同じ部位にできて、にきび跡がケロイド状態となる。特に口周囲やあご下、胸、背中に発生する。

にきび跡が残ってしまうわけ3

1.にきびが発生し、過剰な洗顔を行ったり、間違ったやり方でスキンケアを行ってにきびが悪化しにきび跡が残る場合。
 

2.枕などの寝具や洗顔後にふき取るタオルなど、清潔なものを使用せず、それらに付着しているニキビ菌によりにきびが増えて悪化しにきび跡が残る場合。


3.にきびが発生しても、放置すればニキビは自然に治ると考え洗顔以外何もせず、悪化してにきび跡が残る場合。


4.顔は薬剤等の吸収率が高いので、ニキビは治まっても、薬剤の常用による強い副作用からニキビ跡が残ってしまったり、皮膚が薄くなる超敏感肌となったりすることもあるようです。


などの原因があるようです。

にきび跡の出来るわけ2

にきび跡へいたる前段階、にきびのできる原因


にきびは、皮膚の毛穴に汚れ(古い角質など)が残ることで、毛穴がつぶされてしまい、皮脂が外に出ることができなくなり、毛穴の内部でアクネ桿菌が繁殖することが原因です。


そして、様々な要因によって「にきび」が発生し悪化した場合、
にきび跡(痕)へと発展します。


にきび跡へ発展してしまうと、なかなか自宅で簡単に改善する事は難しく、場合によっては一生残ってしまうこともあります。炎症を起こした部分の皮膚組織が破壊されてしまい、にきび跡が治らず一生が残るのです。


にきび跡へ発展する前の段階での治療が重要であるといえます。

にきび治療方法 レーザー治療法の 種類 4

にきび治療方法4.クリアタッチレーザー


クリアタッチレーザーはニキビの原因になるアクネ菌が産出するポルフィリンという化学物質に反応する低出力のレーザーを照射することによって活性酸素を発生させ、アクネ菌を殺菌することによってニキビの発生を防ぐレーザーです。


青色光は活性酸素を誘導しニキビの原因になるアクネ菌を殺菌、赤色光はニキビの赤みや炎症を抑え、局部的に熱によってアクネ菌を殺菌します。


クリアタッチレーザーはクールタッチレーザーと同様に表皮を傷つけることなくニキビの治療ができ、繰り返すニキビや難治性のニキビにも効果を発揮すると言われ、胸部や背中などの広範囲の治療も可能です。

にきび跡治療方法・レーザー治療法の種類3

にきび跡治療方法3.Vビームレーザー


Vビームレーザーは赤い色素に反応する色素レーザーの一種で、皮膚の赤みの原因になる毛細血管を破壊することによって、赤ら顔や血管拡張、赤アザやニキビ跡の赤みの改善治療に用いられるレーザーです。


レーザーの出力を抑えることによって真皮上層の繊維芽細胞を刺激しコラーゲンの産出を促すのでニキビ跡の凹みの改善にも効果があると言われています。


冷却装置によりレーザー照射による痛みの緩和機能がありますが、実際に受けると若干の痛みを伴います。

にきび跡治療方法・レーザー治療法の種類2

にきび跡治療方法2.クールタッチレーザー


クールタッチレーザーは真皮上層の線維芽細胞を刺激することによりコラーゲンの生成を促しニキビ跡やシワの改善に効果を発揮するレーザーです。


クールタッチレーザーは冷却装置により、従来のレーザーのように表皮を熱で損傷することなく治療を受けることができます。ダウンタイムがないので誰にも治療を受けていることが知られることもありません。


料金は他のレーザーと比べて比較的安価ですが、効果を実感するには複数回受ける必要があると言われています。

にきび跡治療方法 レーザー治療法の種類 1

にきび跡治療方法1.炭酸ガスレーザー( CO2レーザー)


CO2レーザーはニキビ跡治療では代表的なレーザーで、ニキビ跡治療の先駆けともなったレーザーです。


co2レーザーは水分に反応する赤外線を当てることにより熱エネルギーに変換し皮膚を焼いていき、メスに比べて出血の少ないレーザーメスとしても使われています。


パルス幅を調節しニキビ跡やホクロ、シミ、シワの改善など広く用いられます。


ニキビ跡の治療としてco2レーザーの治療を受けた後に、ほてりや赤みが残るダウンタイムという期間が1~2ヶ月あり、改善を期待するならば1回きりよりも2回、3回と繰り返し治療を受ける必要があると言われています。

にきび跡治療方法・光治療、レーザーについて

ケミカルピーリングの登場によって、かなり短期間でニキビ跡治療が可能となりましたが、現在は医療レーザー治療を行うことにより、さらに短期間で、しかもケミカルピーリングが受けられない敏感肌の方でもニキビ跡治療を受けられるほど高性能の光治療が行われています。


またレーザー治療は、ケミカルピーリング、ビタミンC誘導体治療などでにきび跡の治療効果が薄い場合でも効果的です。


クレーター状やケロイド状になってしまったにきび跡は、できてしまったにきび跡を改善するレーザー治療がよいでしょう。


レーザー光線で、できかけのニキビを予防しながら、コラーゲンの産出を促して凹んだ部分を盛り上げ、開いた毛穴を小さくすることで、にきび跡をきれいにする効果が得られます。


医療レーザーの光線は、皮膚のほかの組織にダメージを与えることはないので、内服剤のように副作用の心配はありません。また、白にきび、黒にきびには、細菌の増殖を予防する効果を発揮しますし、赤にきびには炎症を沈静させる効果があります。


ただレーザー治療後のケア、紫外線対策には注意が必要で、治療後も赤みが残ったり、赤みが消えないなどのリスクのある方法ですのでしっかりと専門医と話し合った上でレーザーによるにきび跡治療を進めましょう。

にきび跡治療方法 ビタミンC誘導体の種類

1.【水溶性】リン酸アスコルビルナトリウム


皮膚からの吸収性が高く、表皮にある酵素によりビタミンCとリン酸Naに分解され、日やけ、しみ、そばかすの原因であるメラニンの生成を防ぎます。


水に溶けやすいので皮膚科医の院内処方や、コストが他のビタミンC誘導体と比べ安いので化粧水などによく配合されます。


2.【水溶性】リン酸アスコルビルマグネシウム


皮膚からの吸収性が高く、表皮にある酵素によりビタミンCとリン酸Mgに分解され、日やけ、しみ、そばかすの原因であるメラニンの生成を阻害します。


ビタミンCの作用として知られているコラーゲン生成の促進、過酸化脂質の生成の抑制などの作用があります。
水溶性のビタミンC誘導体では効果が最も高いとされています。


3.【油脂性】テトラヘキシルデカン酸アスコルビル略称:VCIP


水溶性ビタミンC誘導体より、ビタミンCの吸収率が数倍良い新型脂溶性ビタミンC誘導体です。コラーゲン分解酵素を抑制する効果に優れており、持続性があります。


油脂性なので水溶性特有の乾燥を感じないことも特徴です。
オイルなので化粧水に配合することはできず、保湿成分としてリップケア製品・クリーム・ジェルなど配合されることが多いです。

にきび跡治療方法 ビタミンC誘導体の効果

1.にきび跡をできにくくする


ビタミンCにはコラーゲンの合成を促す「コラーゲン増殖促進作用]
があります。皮膚の表皮を盛んに再生するので、ニキビ跡をできにくくする効果があります。また、毛穴を目立たなくする効果もあります。


2.にきびの炎症を抑制


紫外線の効果によって、アクネ菌から発生した活性酸素が、皮膚を酸化させる刺激物となり、炎症のあるニキビを長引かせてしまうそうです。ビタミンCの「抗酸化作用」は、活性酸素を除去し、皮膚の酸化を防ぐ働きがあります。


3.にきびをできにくくする


ビタミンCは、にきびができる原因となっている、皮脂の分泌を抑える、「皮脂分泌抑制作用」があります。
皮脂の過剰分泌を抑え皮脂腺の肥大化を防ぎます。


4.美白効果
ニキビの炎症が刺激となってシミになるのを「メラニン色素還元作用」で薄くし、「メラニン生成阻害作用」でシミができるのをを防ぎます。

にきび跡治療方法 ビタミンC誘導体について

化粧品などで美白成分として有名なビタミンCを安定化したものがビタミンC誘導体です。


安定化したビタミンCを高濃度配合することにより、にきび・にきび跡治療などに効果があることがわかり、ニキビ跡()などの治療に使用されています。


ビタミンC誘導体を使った治療は、にきび跡の治療だけでなく、大人のにきび、あご・首・背中のにきびに効果的といわれています。


ビタミンC誘導体は、色素沈着を抑制する効果があるので、細胞内でのメラニンの合成を防ぎ、にきび炎症後のにきび跡色素沈着を防ぎます。


さらに、すでに細胞内に沈着してしまったメラニン色素を分解する働きも持っているので、色素沈着などのにきび跡の改善効果があります。

にきび跡治療の種類・方法3「レーザー治療」

3.レーザー治療でにきび跡改善


レーザーを照射しにきび跡の内部からの再生を促したり、凹みを収縮させることで、スベスベで透明感のある肌を取り戻していくにきび跡の治療法。


症状によってレーザーの種類を使い分けるので赤み色素沈着などほとんどの症例に対応することも可能です。
炭酸ガスレーザー、エルビウムヤグレーザーが多く使用されています。


一度破壊された皮膚組織を再生されることは難しいのですが、科学技術が進歩し、皮膚の若返りから皮膚再生に大きな効果を発揮しているのが医療用レーザー治療です。

にきび跡に悩まれている方は医療レーザー治療を実施している皮膚科やクリニックに相談してみる事をお薦めします。

にきび跡治療の種類・方法2「ビタミンC誘導体のイオン導入」

2.ビタミンC誘導体のイオン導入によるにきび跡治療


にきび跡にビタミンC誘導体のイオン導入を行うことで、ビタミンCを浸透させ炎症を抑制、にきび跡の色素沈着を防止しします。肌の美白効果も期待できるそうです。


イオン導入は「針を使わない注射」と言われ、最近話題となっている治療方法です。微弱な電流を流して、普段は皮膚から吸収しにくいビタミンやプラセンタを皮膚の深部まで浸透させ、しみやしわを改善し、瑞々しい肌を取り戻すことができます。


導入する成分には高濃度ビタミンC誘導体が利用されることが多く、
にきび跡にきびの赤みの改善・しみの原因であるメラニンの生成抑制・美白効果などの効果があります。


また、にきびの予防にも有効な治療法です。
治療方法はイオン導入機でビタミンC誘導体をイオン化させ皮膚に浸透させます。

にきび跡治療の種類 方法1「ケミカルピーリング」

1.ケミカルピーリングによるにきび跡治療


フルーツ酸(AHA)等を皮膚の表面に塗り、古い角質や老廃物を溶かして新しい皮膚の再生を促すにきび跡治療法です。


にきびに効果的で、毛穴のつまりを解消し、にきびのできにくい肌をつくります。にきび跡も次第に目立たなくなります。にきび跡を削って治療するのではありません。


にきび跡やにきびだけでなくしみ・くすみ等にも効果があります。


ケミカルピーリングは、数回に分けて定期的に治療を行う必要があり、治療効果もすぐに現われるわけではありませんが、ターンオーバーを促し、にきび跡やにきびに高い治療効果を得ることができます。


ケミカルピーリングは医療行為とされており、「皮膚科診療技術を十分に修得した皮膚科専門医ないしそれと同等の技術・知識を有する医師の十分な管理下に行われるべき行為である」とされているので、あらかじめ皮膚科専門医に相談されることをお薦めします。

にきび を予防改善するために、注意が必要な食べ物 1

にきびを予防・改善するするために注意が必要な食べ物・栄養素 炭水化物の働き


炭水化物は消化されると糖分に分解され、その糖分が油分に変り皮下脂肪として蓄えられたり、皮脂の材料になるのでニキビ対策としては注意する必要があります。


炭水化物は食べやすく沢山摂取してしまいがちなので気を付けなければなりませんが、あくまでも摂り過ぎに注意するのであって炭水化物自体がニキビに直接影響するわけではありません。


にきびを予防・改善するするために注意が必要な食べ物・栄養素炭水化物を含む食品群


米、パン、麺類、ジャガイモ、スナック菓子、アルコール、など

にきび跡が できるわけ 1

にきび跡ができるわけ


にきびが出来て、すぐににきび跡になるわけではありません。また、にきびが出来て、にきび跡が必ず残るわけではありません。


にきびが出現した初期の段階で、きちんとスキンケアしてやれば、ほとんどのニキビは消えて、にきび跡もそれほど残りません。


凹凸やしこり、ケロイドなどのにきび跡が出来てしまう原因は、にきびが出来た肌に、何度も繰り返してにきびが出来てしまう事にあります。


さらににきび菌が異常に増加し、炎症・化膿を繰り返し、次第ににきびが皮膚のの深い部分にまで及びます。


さらに周囲の組織を壊し、にきび治まった頃には、肌に赤みが残ったり、色素沈着、ケロイド、凸凹となったりします。これがにきび跡となって残ります。

にきびを 予防、改善する 食べ物 8

にきびを予防・改善する栄養素 たんぱく質の働き


たんぱく質は、筋肉・内臓・皮膚・血液など、からだの各部分の構成材料として使われています。


良質のたんぱく質を十分に摂ることは、にきびを予防・改善する上でも、とても大切なことです。


ニキビを予防・改善する栄養素コラーゲンを含む食品群


魚、肉、卵、大豆、大豆製品、牛乳、乳製品など

にきびを予防・改善する食べ物 7

にきびを予防・改善する栄養素 コラーゲンの働き


コラーゲンをちゃんと補給して新陳代謝を活発にすると、みずみずしく張りのある肌が、だんだんと戻るようになります。肌の形状を保ったり水分を保持する役割のほか、酸素や栄養素を細胞に補給する作用があります。


コラーゲンの新陳代謝が衰えると、保湿効果が衰えてカサカサの皮膚になっていきます。またニキビニキビ跡の傷が治りにくくなったり、肌にはりがなくなったりします。


ニキビを予防・改善する栄養素コラーゲンを含む食品群


フカヒレ、シャケ、ウナギ、スッポン、アンコウ、カレイ、なまこ、サザエ、豚足、豚耳、豚バラ肉、煮こごり、牛すじ、テール、鶏皮、鶏なんこつ、手羽先、など

にきびを予防、改善する食べ物 6

にきびを予防・改善する栄養素  ミネラルの働き


カルシウム・マグネシウム・鉄分・亜鉛など不足しているミネラルを補ってニキビを予防・改善を行うことも大切なことです。


特に亜鉛が不足すると,にきび・肌荒れ・抜け毛などの症状が表れます。また、カルシウムが不足すると精神的に落ち着きがなくなり、ストレスが溜まり易くなり、にきびへとつながります。


ニキビを予防・改善する栄養素ミネラルを含む食品群


カルシウムは小魚や豆類、干し魚、乳製品、ゴマ、ひじき、大根、小松菜、わかめ


マグネシウムは大豆やひじき、玄米、そば、牡蠣、干しえび、豆腐、納豆、昆布、アーモンド、バナナ、ココア


鉄分はひじきや魚介類、大豆、佃煮、レバー、切干大根、パセリ、ほうれん草


亜鉛は、卵、小麦胚芽、牡蠣、うなぎ、ほたて、ほうれん草、そば、とうもろこしなど

にきびを予防、改善する食べ物 5

にきびを予防・改善する栄養素 ビタミンEの働き


抗酸化作用が高く肌の酸化を防ぎ、肌の老化を防ぐ作用があります。
血液の循環をスムーズにする効果があり、新陳代謝を活発にし、肌の血色を良くします。シミ、しわ、たるみ、ニキビなどにも効果的です。


ビタミンEが不足すると、血液の循環が悪くなり、老化が早まります。


ニキビを予防・改善する栄養素ビタミンEを含む食品群


植物油、ナッツ類、かぼちゃ、ほうれん草、アボガド、胚芽米、大豆、レバー、卵黄、緑黄色野菜、かつおなど

にきびを予防、改善する食べ物 4

にきびを予防・改善する栄養素 ビタミンCの働き


ビタミンCは皮膚に弾力を与え、ハリのあるみずみずしい肌を保つのに必要な、コラーゲンの合成と保持を補助する役割をします。また、ニキビ跡やシミの原因の一つであるメラニン色素の発生を抑え、美白効果、体内の抗酸化、鉄の吸収をたすけるといった働きがあります。


ビタミンCが不足すると、コラーゲンが減って肌が弱くなってハリがなくなり、体の抵抗力である免疫機能が低下します。 ニキビ跡の予防にも効果的なビタミンCをとりいれて、健康な肌を作りましょう。


ニキビを予防・改善する栄養素ビタミンCを含む食品群


柑橘類、イチゴ、緑黄色野菜類、アセロラ、キウイ、赤ピーマン、いも類など

にきびを予防・改善する食べ物 3

にきびを予防・改善する栄養素 ビタミンB6の働き


たんぱく質や脂質の代謝を促して、体の内側から新しく肌細胞の生まれ変わるのを助けます。乱れたターンオーバーを整える働きで古い角質を取り除くことによって毛穴の目詰まりを解消し、にきびの出来にくい肌をつくります。


ビタミンB6が不足すると、皮膚が脂性に傾き、にきびが出来やすい状況を作ってしまいます。また、たんぱく質が十分に再合成できなくなり、正常なターンオーバーに支障が出てきてしまいます。


ニキビを予防・改善する栄養素ビタミンB6を含む食品群


レバー、大豆、玄米、バナナ、さんま、まぐろ、鮭、鶏肉など
にきび対策人気ランキング

第1位 アイナソープ100
グリコール酸ケミカルピーリングで、にきびが改善♪2,625円(税込)

第2位 ドクターサニーソープ
グリコール酸5%配合だから老廃物をポロポロ、落としてくれます♪1,890円(税込)

第3位 ケロコート
大好評!皮膚科医も絶賛!傷やにきびの痕が消える!6,800円(税込)

にきび用化粧品なら・・・

「若返りの水」と言い伝えられている、名水百選にも選ばれた、ミネラル豊富な天然鉱泉水を使用したマイナスイオン化粧品です。

 

にきび、にきび跡新商品


グリフォーム1300 」は、AHAピーリング成分の グリコール酸を高濃度13%配合した、 植物性石鹸ベースの洗顔フォームです。

サイト内検索
RSSフィード
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

サイトマップラス
Powered by SEO対策

にきび情報.comカテゴリー
大人にきびリンク

  • seo

相互リンクのご案内

●相互リンクサイト様
いつもお世話になっている、
相互リンクをしていただいている方々です。

●相互リンクして下さる方へ
相互リンクのお申し込みはコチラからお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。